ジャカルタ(インドネシア)

チレボンに行くためにジャカルタ・ガンビル駅から鉄道でゴー。
昔と違って90日前から事前にネットで予約が可能となっている。
座席の選択も可能。
PT Kereta Api Indonesiaの公式サイトだと片道ずつしか予約ができないが、Tiket.comのサイトだと往復分を1回で予約ができて便利。
もちろんクレジットカードでの決済が可能。
チケットの値段が複数設定されており、一番安いチケットだと、自由に選べる座席の位置、車両番号が限られるが、同じエグゼクティブのクラスであれば、別に座席や車両は全部同じ。
ウェブで予約したあと、予約確認の紙をプリントアウトして、出発の1時間前までに乗車券発券できる駅で、乗車券を発券してもらう必要がある。混雑している可能性があるので、当日引き換える場合には、早めに駅に到着しておいたほうが良いと思われる。自分たちの場合は、前日に空港からガンビル駅行きのDamriバス(Rp.30,000/大人。子供は座席に座ると同額取られる。無料Wifiが利用できる。)に乗ってガンビル駅に行き、事前に乗車券に替えておいた。

車内は相変わらずくたびれた感じだが、座席は広くゆったりとしているので良い。
ただし、ビデオの音声がずっと流れているのでうるさい。
各窓際の座席のところにコンセントがある。
車内食は有料のみ。
グッズの販売もある。
昔と同様、窓にヒビが入っているところもあり(沿線の住民(子供)が投石をするため。
トイレは垂れ流しではなくなっていたようであるが、おしりを洗うホースから出る水で水浸しなのがインドネシアらしい。汚いということではないが。。。

昔Cirebon Expressに乗ったことがあるので、今回は別の列車Agro Dwipangga(ソロ・バラパン駅行)に乗ってチレボンへ。Cirebon Expressより若干値段が高い。車両の設備は変わらないのだが。

出発の20分ぐらい前には入線しており、定刻通り発車、チレボンには10分ぐらい前に到着した。

AirAsiaとLion Air用のターミナル3。
新しくて綺麗です。ただし、いろいろ問題はありますが。

税関を通過した後のターミナル(入国と出国を兼ねている)には、銀行ATM機やファーストフード店がある。

ブルーバード系列のタクシーカウンターもあり。タクシーに乗りたい旨伝えると、係員が外の乗り場まで案内してくれた。
シルバーバードが多く待機していた。今回はシルバーバード(ベンツ)に乗ったが、空港から市内(スディルマン、タムリン通り界隈)に向かう際にはサーチャージがRp.8,000かかる。サーチャージ支払いの証拠書類をくれる。あと、高速料金がRp.12,500。渋滞はあまりなかったので、シャングリラ・ホテルまで約Rp.200,000強。

シャングリラ・ホテルに待機しているタクシーはシルバーバーで、空港に向かう際等にも利用したが、同じシルバーバードでも、トヨタ車は初乗りの値段が安かった。

出国ターミナルでは、チェックインの際に出国税Rp.150,000を払うことになる。
出国審査カウンター(2F)手前には、Batik Kerisなどの土産物店やファーストフード店が複数あり。

飛行機までのバスに乗るための搭乗口は1か所しかないが、待合室には番号が書かれている。チェックインの際に番号が案内されるが、どこに座っていても同じことなので、空いている場所に座って待っていれば良い。

国内線の待合室が壁を隔ててあるが、国内線側のアナウンスと国際線側のアナウンスが重なると何言っているか不明になる。

おまけに、待合室には沢山のモニターがあるものの、フライトの案内が表示されているものがないので、アナウンスがないと状況がわからない。

待合室にはインドネシアには珍しく、ホットコーヒーの自動販売機がある。無料WiFiがキャッチできるが、速度が遅すぎて使い物にならない。新しいターミナルなのに機能的でない。

 

2012年11月3日に、ジャカルタのShangri-La Hotelに宿泊しました。
クラブカテゴリのHorison Clubの部屋で、Family Weekend Packageで1泊Rp.2,904,000(諸税込)。子供用エクストラベッドが無料でなのと、いくつかの特典あり。クラブラウンジももちろん利用可能。
ホテル1Fレストランの朝食ビュッフェの内容がとても充実していてすばらしい。

ホテルからPlaza IndonesiaとGrand Indonesiaを往復する無料ミニシャトルバス(というより、ミニバン)があり。1時間毎に運航しており、事前予約必要。

日曜日の朝、スディルマン通りとタムリン通りが車、バイク乗り入れ禁止となり、自転車、歩行者専用となってます。
Car Free Dayのスケジュール

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 



 

?スディルマン将軍像

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



?旧ホテルインドネシア前のロータリー。

通称「Bundaran HI(ブンダラン・ハーイー)」

 

 

 

 

 

 

91年に旅行したときの写真のネガがあったのでスキャンしました。

独立記念塔(モナス MONAS=Monumen Nasional)の展望台から見た風景です。



MONASより塔から見下ろした様子。





MONASより

MONASよりガンビル駅の高架工事が行われてます。





MONASよりジャカルタ中心部。
タムリン通り沿いのまだ高層ビルもまばらです。

インドネシアから日本に一時帰国した上司が娘用のおみやげとして買ってきてくれました。
スウィッチをいれるとランプが点滅し、うるさい英語の歌が流れます。
あと、壁などにぶつかると自動的に方向を変える仕組みになっています。
上司いわく、道端に売っているものを運転手に買わせたので安く買えた
ということでした。
部下思いの良い上司です。

パッケージがインドネシア語でかかれていないのがみそです。
メイド・イン・チャイナの文字がありました。




以前、インドネシア・西ジャワ州チレボンにあるStudio paceでつくってもらった、ピングーがモチーフのバティックです。

日本人の賀集さんという方が、バンドゥン工科大学(ITB)修士過程で学ばれた後、チレボンのバティック産地として有名なトゥルスミ地区ナンバー1の描き手カトゥラ氏に師事され、現在チレボンでご自分の工房を主宰されています。