ジョホール(マレーシア)

Jurong Eastのバスターミナルから、Causeway Link社のバスを乗り継いでジョホールのSutera Mallに行ってみました。

Johor Bahruの中心にいくCausewayを行き来するバスはSBSのバスをはじめ、複数のバス会社が頻繁に行き来しているが、セカンドリンクを経由するバスはニコちゃんマークのCausway Link社のバスしかなく、しかも本数が少なく、時刻表もあてにならないので、時間の余裕を持って行く必要あり。特にマレー半島への長距離バスがこちらを経由して行くため、連休の時などは出入国に長い列ができていることが多いので要注意。

マレーシア側のチェックポイントで入国審査を終えたあと、Causway Link社のバス乗り場は2箇所に別れています(2013年10月現在)。

Sutera MallはAEONがあるBukit Indahよりも更に先にあるモールで、マレーシアのチェックポイントから40分程度かかった。結構だったっ広いが、地元系の店が多い。飲食店もそれほど多くなし。ホールセールっぽいAEON Bigが入ってます。

わざわざここに来る価値はなし。Bukit IndahのAEONで十分かと。

 

レゴランド・マレーシアにまた行ってきました(年間パスを買っているので)。
今回はシンガポール・フライヤーから発着するWTS Travelのバスを申し込んでいくことに。
以前はネットで申し込みできなかったものの、いつのまにかネットでの予約ができるようになってました。
バスのチケットだけでも予約できるし、入場券も合わせて購入可能。
バスは大人子供ともに同料金で、片道1人S$12.50。

出発の30分前にはカウンターに来て受付をするようにとの指示があり、行ってみると結構な行列ができており、はやめの到着が無難。受付では予約内容が(手書きで)書かれた封筒を渡され(1グループに1つ)、それがバス乗車の際に必要となる。受付が済んだ順からバスに乗車。座席の指定はありません。
ある程度乗客が乗ったら、出発予定時間前に発車してしまいました。まだ多くの人が受付の行列にならんでました。バスは何台もあるようです。

Tuasのセカンドリンク経由でレゴランドへ。出入国の際にはバスは全員が乗り込むまで待ってくれるので、路線バス(コーズウェイリンク)で行くよりは安心。ただし、バスのナンバープレートを覚えておいて、乗り間違えないようにすることは肝要。チェックポイントではたくさんの観光バスが待機しているので。

マレーシア入国側のチェックポイントでは、2台あるMACS(Malaysia Automated Clearance System)の機械が壊れていて使えず意味なし。ただし、カウンターで見せると見ただけでパスポートを返却してくれた。 帰りの出国のチェックポイントにあったMACSの機械は動いてました。このMACSの申請はここのチェックポイントでもできるし、ジョホールバル側のチェックポイントでもできます。パスポートを出して手数料RM30を支払えば10分程度でパスポートに電子情報入りのシールを貼ってくれて、入出国が自動機械で出来るようになります。ただし、使えるのはジョホールの2か所のみ。他の空港等では利用できない。

マレーシアの入出国のバス待機場所に、いつのまにかコンビニができてました。

ところで、レゴランドは午前中がすいているので早めに来て早く帰るのがベター。午後から混みだしました。午前中は各アトラクション、ほとんど行列なし。

今年の10月にプールが、来年2014年には公式ホテルができるようです。

帰りのバスの乗車ポイントは、行きに来たバスが止まった反対側。
行きのバス内で、マレーシアの入国チェックポイント後に乗り込んでくるWTS Travelの係員が各グループごとに帰りのバスの時間の確認などを説明して回ります(英語)。帰りは出発時刻の15分前に集合。名前が呼ばれた人からバスに乗り込むシステム。帰りも複数のバスが用意されている様子だった。



 

 

今回はWoodlandsのチェックポイント経由で行くことにしました。
Queen St.のバスターミナルからCauseway Link(黄色い車体。ニコちゃんマークかLegolandが描かれている車体が多い)のバスで。
大人S$2.4、子供は半額。Larkinバスターミナルまで行けます。

JB Sentralのバスターミナルと同じ場所にあるチケットタクシーを今回は利用。
黄色と赤の車体のタクシーで、JBの市内では普通に流しでも走っているタクシー。
チケットカウンターでLegolandと告げるとRM35とのこと。
Legolandの入場チケットを持っているかと聞かれたので、入場チケットも売っている模様。
タクシーに乗ったら、チケット制だが運ちゃんはメーターを倒していた。
初乗りRM3.0。レゴランドに着いたとき、メーターはRM21ぐらいだった。
チケットタクシーではなく、普通のタクシー乗り場から黄色と赤の車体のタクシーを拾っても良いかもしれない。

海沿いの道路を走って15分程度で到着。JB Sentralからのバスだと、Larkinバスターミナルに寄ってからとなり、前回帰りに乗った時は約1時間ほどかかったことを考えると早い。

帰りはレストランなどがあるアーケードにある車寄せに「TAXI」(メーター制との注意書きあり)と書かれているところにいる係員に近づいて、JB Sentralまでというと、普通の私服の運転手と一緒に駐車場まで歩いてゆき、そこに止っている青色のExective Taxiに乗車。
赤と黄色のタクシーよりは車のコンディションは確かに良いが。
KLの市内のホテルとかにも入っているタクシー。車体には値段交渉は不可、とマレーシア語で書かれている(KLで空港に行ったときは値段交渉可能だった)。
初乗りがRM6.0で、距離ごとの運賃も赤と黄色のタクシーよりは高いので、JB SentralまではRM51.6かかった。
こちらのタクシー運賃計算サイトで見たところ、妥当であることがわかった。ボッテはいないらしい。

JB SentralからはSBSのバスでKranji経由で帰宅。



 

10月26日に、今年9月にマレーシア・ジョホールにできたLegoland Malaysiaに行ってきた。

半年以上前に、格安の前売り年間パスが販売されていたので、それをウェブ購入していた。

今回はJurong EastからCausway LinkのバスでTuasのセカンドリンク経由で行くことにした。
距離的にはもっともこれが近いのだが、マレーシア側のチェックポイントからでるバスの本数が少ないのがネック。
おまけに、今日はHari Raya Haji(イスラム教犠牲祭)で3連休の初日ということもあってか、9時前にバスターミナルに着いたものの、見たことのない長蛇の列。30分位待って2台バスを見送ってようやく乗れた。

乗れたのはよいが、シンガポール側のチェックポイントに入るまでに、大型バスの列が数珠つなぎでかなりの時間を要してしまう。クアラルンプール、マラッカなどに行く長距離バスはTuasを経由するのだが、おそらくは3連休で旅行に出かける人たちが多いことでこのようなことになっているのだろう。
それゆえ、出国審査のカウンター前も長蛇の列。
10時半にマレーシア側のチェックポイントから出るレゴランドを経由してJPO(Johor Premium Outlet)に行くバスに間に合わないことが確実となった。
マレーシア側の入国審査カウンターの列はそれほど長くはなかったが、荷物チェックのX線機械の前が長蛇の列。

レゴランドに直接行くCausway Linkの次のバスは12時半予定で、1時間半以上時間があったので、CW3のバスでGelang Patahという小さいバスターミナル経由まで行って、そこからレゴランドに行くバスに乗り換えることにした。

Gelang Patahのバスターミナルでもレゴランドに行こうとして待っている人々が大勢いたものの、バスが遅れているらしく、ターミナルの係員が本当なら来ているはずだがまだ来ていないということをマレー語で話していた。特にそういった説明がみんなに知らされているわけではないので、聞かないと状況はわからない。マレー語が聞き取れると便利。

結局、来るはずのバスがなかなか来ないため、臨時のバスを出してそれにみんな乗っていくことに。
超満員で押し込んで出発。15分程度で到着。ついたら12時過ぎだった。

連休期間中は、朝いちばんで出るか(マレーシア側チェックポイントから出るレゴランド行きバスは朝8:30が始発)、比較的本数の多いWoodlands経由でJB SentraからでるCausway Linkのバスに乗るか(レゴランドまで約40分。大人RM4.0、子供半額)、lシンガポールプライヤーから出るWTS Travelのツアーバス(入場料なしのものは往復バス代+S$5相当分のミールバウチャー付S$20)で行った方が無難と思われる。

レゴランドに着いて先に昼食をとる。
入口までの間に飲食店、小売店が並んでいるが、まだオープンしていないところとか、オープンしていてもまだ工事をしているという店がちらほら。

チケット売り場も長い列。
事前に購入した年間パスの購入控えを持っていれば、直接入場できた。
年間パスとの引き換えは後でも良いということであったので、先に遊ぶことに。
なお、年間パス販売のサービスカウンターも列ができているので、時間に余裕をもってくる必要あり。
年間パスは一人ずつウェブカムで写真を撮って顔写真入りカードが発行される。

 



入口らか一番近い、園内のレストラン。昼時混雑している。

 

 

 

 

 



レゴの噴水。

機関車乗り場の前にある。

 

 

 

 

 

 

 



ディーゼルっぽい音の機関車。

2編成走っている。

車いすそのままでも乗れるようになっている個所あり。

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 



クアラルンプールのミニチュア。

 

 

 

 

 



KLIAのミニチュア。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 



電車が走っている。

 

 

 

 

 



シンガポールフライヤーのミニチュア。

 

 

 

 

 



マーライオン、フラトンホテル。

マーライオンは水吐いている。ボタン押すと、別方向に水が飛んで、見ている人にかかるようになっている。

 

 

 

 



タージマハール。

 

 

 

 

 



ボタンを押すと、音楽が流れて蛇が顔を出したりひっこめたり。

 

 

 

 

 



タージマハール。

 

 

 

 

 



入口近くのトイレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り物系は身長が90cm以上ないと大人と一緒でも乗れない乗り物が結構あり。

あと、日陰部分が少ないため、炎天下の中歩き回ることになるので要注意。

飲み物はレゴランド入口入る前にある飲食店街の中に、お土産物など売っている売店があるので、そこで買って行った方が良いと思われる。500mlペットボトル水がRM1.8。園内だと値段高いのと(コーラもRM5.0)、みんな買って、タイミングによって冷えていないものが多かった。

プレイグランドは複数あるので、乗り物に乗らなくても小さい子供達は遊べるようになっている。しかし、暑い。

今回は乗り物系は1時間待ちのものが多かったので、機関車しか乗らなかった。



バス乗り場がどこにあるかということは明示的に表示がされていないのが不親切。

飲食店街にある2階に上るエスカレーターを上って左側に、写真のようなバス停らしき場所がある。時刻表やバスルートの案内は全くなし。

来るバスの運転手に都度要確認。

Tuasのチェックポイント行きのバスの時間まではだいぶ先だったので、JB Senral行きのバスに乗ることに。黄色いCausway Linkのバス(LG1の表示がある)が来るのでそれに乗る。バスの時刻表は、飲食店街にあるインフォメーションカウンターに置いてあるのと、レゴランドのウェブサイトに一応時刻が載ってますが、その通りに来るかどうかはわからないので、時間に余裕をもっておく方が無難。とりあえず、ほぼ時間通りに来たので無事乗れた。このバス停以外に、もう1か所レゴランドの横の方で止ってからレゴランドを出発。しかし、そこも特に表示はなし。
JB Sentralまでは大人RM4.0、子供はその半額。途中、Larkinバスターミナルに寄ってからJB Sentralへ。40分程度かかる。

JB SentralのCity Square MallにあるPaparichで夕飯を食べて、Kranji経由で帰宅。

Causway Linkのバスに乗ってレゴランドに行く際には、十分に時間に余裕を持っていくべしというのが教訓。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20120422-174642.jpg

 

今回はJohor Bahru中心から近いKSL City Mallという新しいモールに行ってきました。

JB SentralからKSL City Mall行きのバス(Causway Link)が出ています。
バス停はイミグレーションからCity Squareに向かう通路の途中にあります。
JB Sentralと書いてある方向に進んで行き、エスカレータを降りて、歩く歩道を過ぎたところ左手のエスカレーターを利用して、バス乗り場に向かいます。

20120422-174654.jpg

 

写真左側の表示があるところのエスカレーターでおります。

 

 

 

 

 

20120422-174540.jpg

 

エスカレーターを降りてシンガポール側に歩いていくと、左のようなバス停(マレーシア語でHentian Bas。英語でBas Bay)の表示板があります。
KSL行きのCausway Linkのバス(バスルートは「S1/KSL」)は、2番から発車。約30分間隔のようです。

このバス停からはJohor Premium Outlet行きのバスも出てます(ルート「JPO1」)

 

 

 

 

20120422-174608.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

20120422-174713.jpg

 

KSLからJB Sentralに戻るバスは、City Square側のタクシー乗り場のところで止まって降ろされます。

 

 

 

 

 

20120422-174723.jpg

 

JB Sentral → KSL へは、
 大人(Dewasa)RM1.5
 小人(Kanak2 = Kanak-Kanak)RM0.8

KSL → JB Sentralへは、
  大人(Dewasa)RM1.5
  小人(Kanak2 = Kanak-Kanak)RM0.5

日帰りでJB(Johor Bahru)に行ってきました。

今回はQueen Streetのバス停から星柔快車でWoodlandsチェックポイント経由で、JBの市内へ。大人S$2.4、子供S$1.2。

WoodlandsチェックポイントからJohor Bahruのチェックポイント(Sultan Abu Bakar)までのコーズウェイが大渋滞(午前10時過ぎ)なので、ここを抜けるのにかなり時間がかかる。

WoodlandsチェックポイントからJohor Bahruのチェックポイントの間は、星柔快車よりもCawseway Linkのバスの方が本数が多い(Kranjiからも来ているバスがあるので)、次回からはCawsewayのほうにしようかと思った。

今回はJalan Dhobyあたりを散策。ドービーと名がついている名残か、クリーニング屋が数件ある。

 



 

Jalan Tan Hiok Nee。

古いショップハウスが並んでいる。

 

 

 

 

 



 

Jalan Trasから?Jalan Tan Hiok Neeに入る角にある茶餐室。賑わっていた。

 

 

 

 

 



 

?茶餐室対面にあるパン屋さん。

ここも賑わっていた。安くてうまかった。

アンパンは漉し餡のパン。

 

 

 

 

 

 



 

?Jalan Dhobyにあるチキンチョップで有名といわれている店IT Roo Cafe。

店内はクーラーが効いている。

 

 

 

 



 

?チキンチョップはから揚げかグリルが選べる。写真はから揚げ。ソースもブラックペッパーかマッシュルームソースかが選べる。RM13。

 

 

 

 

 



 

帰りはCawseway Linkで帰る。

Johor BahruのチェックポイントからQuees Streetまでは、大人RM2.5、子供RM1.3。

Johor Bahruのチェックポイントでは、乗るバスによってプラットフォームが分かれているので、出国手続きをしたあとのバス乗り場に降りるエスカレーターのところにある電光掲示板でバス乗り場を要確認。

Cawseway Linkのバス乗り場には複数のバスが止まっているが、先に出発するバスに係員が誘導しているのでそれにしたがって乗ればOK。チケットは社内で運転手に行き先を言って買う。Woodlandsのチェックポイントからのバスは写真の通りすいていた。

Queen Streetに入る前、Rohor CentreまでのBukit Timah Roadが地下鉄工事中のため道路が渋滞していて結構時間がかかった。