国内生活を中心に


iOSが13.3になってから、SIMフリー製iPhone 8(モデル番号A1905。日本製はA1906)では、au回線を使っているUQ MobileのSIMが、iOSのアップデート後「圏外」が表示され、突然使えなくなってしまった。

最近公開されたiOS 13.3.1になって改善されるかと期待していたもの、相変わらず使用できず。UQ Mobileも日本製のiPhone 8でしか動作確認はされておらず。結局、Biglobe Mobileのドコモ回線(Dタイプ)に切り替えることした。こちらの方は問題なく使用できる。

Biglobe Mobileのau回線(Aタイプ)のほうも、iOS 13.3以降は使用できなくなっているので要注意。

sなお、海外製iPhone 6s(モデル番号A1688)、iPhone SE(モデル番号A1662)では、iOS 13.3以降でもUQ MobileのSIMが使用できた(キャリアの表示もUQ Mobileと表示されるようになっていた)。

海外製iPhone 8だけの問題なのか、残念。

 

 2月19日(土)ダブロクを売却しました。

4月に車検を迎えるのと、そろそろ海外転勤もあるかと(勝手に)考慮し、手放すことを決意しました。

結果的に、ダブロクを購入しメンテでもずっとお世話になったレッドバロンに引き取ってもらいました。40万円+オイルリザーブの残り7.9リットル分買取1.2万円で合計41.2万円。

他にネットの一括査定で見積もってもらったけど、どこも新品同様の状態であった場合の上限額を出して、見かけ上高く買い取れるような数字を出すものの、実際にものを見たら半額程度の査定額しか出さないという事前の情報どおりな感じであった。

レッドバロンのほかに実際に見に来てもらったのは、ゲオバイク。
ネットで見ると評判は高いようであったが、それはやらせ記事か?
ネットでまず査定したところ「状態が良ければ、上限金額 『53万円』 になります。」との回答があり、電話もすぐかかってきて対応はよかったが、査定に来たにーちゃんは、ブツを見て、「平均25万円です。今決めてくれるのであれば、もっと出せるかもしれません。」というだけで具体的な数字をいわないので、レッドバロンに聞いてから決めるのでと言ったところ、レッドバロンでも20万円程度ぐらいしか出さないだろう、と言ったので、「では50万円で。」と要望したところ、電話をかけてやり取りをしていたが、すぐに「無理でした。」と言ってあっさり帰っていった。やる気あんのか。

他の複数業者のネットでの見積もりは大体最高40万円程度であったが(バイク王は電話で上限47万円と言っていたが、ここも通常上限額の半額にも満たない査定しか出さないというネットの情報があったし。)、どうせ同じように半額ぐらいに値切るのであろうと思ったので、レッドバロンに連絡した。
レッドバロンは出張査定ではなく、バイクを取りに来て一旦店舗に持って帰ってから査定するということだったが、いくらぐらいでご希望でしょうかと聞かれたので、40万円希望と伝えておいたところ、ダブロクが引き取られて2時間後ぐらいに電話がかかってきて上記の金額となり、満足だったので即決することにした。代金は銀行振り込みしてくれるということであった。7年乗って走行距離約2万3千キロで、購入時の約半額で売れたのでよかったのか。次回の購入資金として貯金しておこう。

レッドバロンで買ったバイクを売る場合は、レッドバロンにしたほうがよいということがわかった。