Archives

All posts by horipa


クアラルンプール国際空港(KLIA)とエアアジア専用ターミナルであるKLIA2の移動に便利な無料シャトルバス。24時間、おおよそ10分おきに運行されており、無料で利用できる。エアアジア以外の航空会社でクアラルンプール入りし、エアアジアに乗り換える場合やその逆の場合に利用価値あり。




注意点は、空港ターミナルから少し離れているLTCP(Long Term Car Park:長期間利用者用駐車場)→ KLIA → KLIA2 → LTCPの順で運行されており、KLIA2から利用した場合は、LTCPでいったん降車し、先に発車する別のバスに乗り換えしてからKLIAに向かうことになるため、若干時間がかかる(20分程度)ので、バスの待ち時間も考慮して、時間に余裕をもって移動する必要あり。 KLIA → KLIA2までは時刻表によると12分。









Level 1 の出口を出て下さい。
到着ロビーはLevel 3なので、エレベーターかエスカレーターで下に降りる。エレベーター利用の場合には、KLIA EXPRESSの絵が書いてある紫色のエレベーターの対面にある別のエレベーターを利用して下さい。国際線の税関を出た後、左に向かうと、エレベーター、エスカレーターがあります。








Door 4を出て前方右側を見たところ。円柱の柱の横にカウンターがあり、椅子があるところが、無料シャトルバスの乗り場です。



















無料シャトルバスです。行き先表示がLEDで、LCTP、KLIA、KLIA2とゆっくり表示されていきます。








車内には荷物が置ける棚もありますが、大きな重いスーツケースを持ち上げるのが大変と思いますので、手元に持っておくのが良いでしょう。








ちなみ、無料シャトルバスのバス停を上から見た風景。







三井アウトレットパーク(MOP)への無料シャトルバス乗り場は、Door 2を出たところ、8:20~23:00まで20分間隔でMOPに行くバスが運航しているようです。バスの色も黄色でした。KLIAからはMOPへは直行。MOPからはKLIA2→KLIAの順で運行している模様。








KLIAのバス乗り場の平面図。こちらのサイトから借用








KLIA2でのバス乗り場の平面図。バスベイA10番です。




みなさん、HAPPY JOURNEY !

(2018年11月現在、Lot 10のグランドフロアにも店舗が出来てました。)

Bukit BintangのLot 10にあるIsetan The Japan Storeの地下に品揃えが豊富。Lot 10対面のSungei Wang Plazaに直営店があるが、そこよりも安く販売されているものもあった。

ラマダン期間中の3連休を利用して、クアラ・トレンガヌ州の離島ラントゥンガ(Lang Tengah)島へ家族旅行。

ラントゥンガ島は有名なレダン島の西側にある小島。
マレーシアの在留邦人向けフリーペーパーのSENYUMに、ラントゥンガ島の紹介記事があるのでそちらもご参照。

フライトはスバン(Subang)空港から。
スバン空港の駐車場は空港ターミナルの道路を挟んで対面にある駐車場がメインであるが、平面で屋根もなくあまり整備されていない駐車場にも関わらず、ちゃんと立体駐車場のKLIAとKLIA2の駐車場よりも高いので、今回はそれよりも安い、ターミナル手前にある駐車場(平面野外)に初めて止めることにした。ただし、夜11以降朝6時までは出場時に係員がいないようなので注意、入場時は自動ゲートで駐車券は自動発見されるので大丈夫であるが。

フライトは朝7時15分発なので、約1時間前に着くように自宅を出発。ラマダン期間中であるが、ターミナルのマクドナルドは24時間空いていて便利。

早朝であるが、連休ということもあってか搭乗口はたくさんの人。クアラ・トレンガヌは東海岸でマレー系が多い地域であるが、クアラ・トレンガヌ行きのFireFlyの乗客は中華系と外国人多数。おそらくは、東海岸の離島に行く人たちのようであった。日本人も多くみられた。

今回宿泊するのはSummer Bay Resort Lang Tengah。ホテルのサイトから直接予約。一旦見積もりをもらうためにメールで照会して、以降はメールでのやり取り。宿泊料金の支払いは事前にクレジットカードで支払いOK。

 

 

クアラ・トレンガヌ空港では、事前に頼んでいた(有料)ホテルの車の運転手が迎えに来ていて、他の宿泊客が揃うのを待って、バンタイプの車で空港を出発。
ホテル直行のボートが出るムラン(Merang)のジェッティー(船乗り場)まで約40分程度。
ジェッティーはまだ新しく建物の外観は立派で、綺麗であった。ここにはホテル直行のボートや、レダン島に行く一般のボートの乗り場にもなっている。

ジェッティーにはホテルの窓口があって係員がおり、宿泊客の予約をチェックし、乗るボートの振り分け作業を行っており、ここで30分程度は待たされる感じ。かなり大勢の人がいるが、待っている客はほとんど中華系(華人系マレーシア人も含む)、日本人は我々と、1人で来ている男性のみのよう。

 

 

ボートは上の写真のような大きめのボートと、下の写真のような小さめのボートの2種類で、下のタイプは複数台スタンバイしていた。

乗船中はライフジャケットを着用。小さめのボートの方がスピードが出る。ラントゥンガ島には約30分で到着。
波も穏やかであったので特段大きく揺れず。

 

ホテル前の桟橋に船は到着、綺麗なビーチと海が広がる。

桟橋の周辺にたくさん魚が泳いでいるのが見える。

船からの荷物は従業員が運んでくれる。

 

 

12時前に船から降りたら、ロビーまで行き、そこで冷たいおしぼりとシンプルなウェルカムドリンクを貰って休憩。そのあと、英語話者とマンダリン話者に分かれてからホテル受付係員によるブリーフィング。そのあと、鍵の受け渡し時に、デポジットとしてRM50現金を預けて、部屋に向かう。荷物は直接部屋に運んでくれている。

 

 

3食込みのパッケージで、昼を12時半からいただく。
3食はすべてビュッフェ。昼には好みの麺を作ってくれるカウンターもあり。種類は10種類程度。中華っぽい料理メインで、スパイシーな味付けのものもあり豚はありません。ソフトドリンクは無料。
ビュッフェコーナーではアルコールはありませんので、飲みたい人は2階にあるバーや、他のレストランで。
華人系マレーシア人も、食べるときはアルコール飲んでない方が普通。

 



ビュッフェのバウチャーをアラカルトのレストラン(バーベキューと日本料理)の金券バウチャーRM40に替えてくれるが、このレストランを利用する場合には前日までに料理の予約が必要。メニューにはたくさんの料理が掲載されているが、離島なので食材の準備が必要ということであろう。

 

 


あと、屋台料理っぽいので良ければ、スキューバダイビングセンターとなりの屋台で簡単なご飯が食べられる模様。


 

 

 



ビュッフェレストランの手前には、ミニショップがあり、飲み物、スナック、水着や薬などが売られている。

 

 

 

今回宿泊した部屋のタイプはDELUXE POOL VIEW FAMILY ROOM。部屋は広くてダブルベッド2台、シングル1台、バスルーム(トイレ、温水シャワー)が2室あり。クーラー2台に、シーリングファン2台、薄型テレビあり(NHKは映らない)、プール側にバルコニーあり。入り口ドア前に、ライフジャケット等が干せる物干し竿があり。空の小型冷蔵庫もあるので、ビールなどを事前に買っておいて持ち込んで冷やすことができる。

飲料用水はボトルではなく大きなタンクの水が利用できるようになっている。部屋の外に、飲料用のお湯が出る給水機があった。シャンプー、ボディーシャンプーは備え付けあり。アメニティでハブラシ、石鹸もあり、離島としては十分な設備。

料金は、2泊3日、大人2名、子供1名で、空港-ジェッティー間車往復送迎、ジェッティー-ホテル間のボート往復送迎、部屋代(3食付+アフタヌーンティー)、シュノーケリングセット(ライフジャケット、ゴーグル、シュノーケル)+シュノーケリングアクティビティー2日で、RM2,534.00。



初日のシュノーケリングツアーは2時半から。ここでも英語話者とマンダリン話者に分かれてシュノーケリングの注意を受ける。英語の方はビデオで諸注意を見る。ビデオを見た後は、係員の指示に従ってボートに乗って、シュノーケリングのスポットに向かった。海には船の上から入る。魚影が濃いわけではないが、適当に魚はいる。ライフジャケットを着用しているので小学生低学年でもシュノーケリングは楽。



シュノーケリングが終わって島に戻り、夕食(ビュッフェ)。
日没から夜にかけての風景。



翌日午前中はフリーで、午後からレダン島方面へのシュノーケリング。シュノーケリングののちに、レダン島に上陸して、Laguna Redang Island Resort
の敷地内でフリータイム。レダン島に上陸するとは思っていなかったため財布は持ち合わせていなかったので、ビーチで時間つぶし。当然であるがラントゥンガ島より立派なリゾート。



ちなみに、ボートの中。



ラントゥンガ島のホテル前のビーチ。魚影は濃い。特に桟橋周辺。



その他風景。



帰りのボートは朝9時出発と早い。
船着場から空港まではホテル手配のバンで移動。
クアラ・トレンガヌ空港発のフライトを遅い時間に取ると、空港で時間を持て余してしまう。
私たちもフライトの出発時間にだいぶ時間があったため、空港からクアラ・トレンガヌ市内の科学館(人がほとんどおらず閑散としていた)へ行ってみるなどして時間をつぶした。
空港ターミナルにはとりあえず何件からのカフェがあることはあるが。