Archives

All posts for the month 5月, 2014

Jl. Uluwatu No. 75Xにあるナシ・バビグリンのワルン。
Nasi Babi Gulingは一皿Rp. 35,000、Sate Ayam10本でRp. 20,000、BintangのLargeはRp. 30,000。



 

 

 

バリ島でいくつか世界文化遺産に登録されたもののうちの一つである、キンタマーニ高原にあるウルンダヌ・バルール寺院へ。
建物自体が世界文化遺産ではなく、地域の流水分配システム全体が登録されたということ。

寺院へは、バリチリさんのカーチャーターで10時間7,200円(キャンペーン価格)を利用して移動。

日本語ガイドにウルンダヌ・バトゥール寺院に行きたいと告げると、世界遺産になってから入場するのにサルンなどをレンタルしないといけないが、外国人は清掃をしなければならずRp.50,000とか高くぼられる必要があるとかいう説明があり、行くことをためらっているようであったが、レンタル代が高いということであれば、途中にある店などで買っていくということを伝え、行くことに。
ウブドの西側、クデタワン通りを経由して寺院へ。8時にホテルを出て約2時間半で寺院に到着。ちょうど地元高校生の集団が観光バスでたくさん来ていて、非常に賑わっていた。

外国人観光客は寺院の対面、道路を挟んだ向かい側にある駐車場の一角(駐車場に向かって左にある建物。トイレも有る。)にあるチケット売り場(といってもブースとかはないが人はいる)で料金Rp35,000/人を支払う。チケットの半券を持っていると、飲み物が(ペットボトルいるアクアか、作り置きしているジュース)がもらえる。

チケットを買った後、建物の中に入って、サルンを借りることになるが(販売もしている模様)、係員のおばちゃんがいて適当なものを選んで巻いてくれる。Rp.20,000/人で、4歳のチビはRp.10,000で、サルンではなくスレンダンだけであった。
ガイドが言っていたようにぼられることもなく、買っていたら逆に余計な出費をするところであった。ウルンダヌ・バトゥール寺院に行く日本人はいなかったのであろうか?

サルンをつけて建物を出るところに食堂があり、そこでチケットと引き換えにアクアをもらった。

寺院側には別にチケットを確認する場所はないので、自分でサルンを持ってきている人は地元の人と一緒に入ってもわからないのではという感じであったが、地元に寄与するためにも外国人観光客はお金をちゃんと払いましょう。