Archives

All posts for the month 8月, 2005

今回は昇る機会がなかったのですが、下関で異様に目立つ建造物です。
下関駅前周辺は再開発したのか、道が広々としていました。
しかし、駅前にようわからん洋風の建物が建設中であったり、その近くにでっかい今風のパチンコ屋があるのは、街の景観がめちゃくちゃな感じになってきているような感じがしました。
下関駅が一番風情がありました。

?ウェルカムドリンク
その他、ワインやコーラなども選べます。
私はウィスキー、嫁さんはホットコーヒーを注文。
子供用のジュースはサービスしてくれました。



?1日目お昼の弁当




?1日目夜の弁当(3,000円)。
ディナーは予算的に苦しかった(笑)ので弁当にしました。



?2日目朝食。
まず、モーニングコーヒーのサービスがあります。
その後、写真の朝食が運ばれてきました。これにアップルジュースがつきました。ロイヤルなのでルームサービスです。




近畿日本ツーリスト50周年記念企画で、通常は走らないルートを
走って約25時間の旅でしたが、旅を飽きさせないような工夫もさ
れていて良かったです。寝台特急の旅にはまりそうです。

途中停車駅でドアが開かないため、各地のみやげ物を商品としても
らえるビンゴゲーム大会や、主要観光地のミニ解説車内放送など、
貸切列車ならではの工夫もありました(商品もいっぱいもらえたし)。

通常はスイートについているアメニティキットも全員にもらえました。
記念オレンジカードも2種類売っていましたし、グッズの販売もあり
ました。

A個室ロイヤルは大人1名用ですが(通常は補助ベッド料金でもう1人
乗れる)、大人2人と子供(3歳)1人で寝ても大丈夫でした。

しかし、かなり揺れますね。2号車(A寝台)から端っこの車両まで
通路を歩いていくのは結構たいへんでした。
あと、発車直後の「ゴツン」というのは結構気になりました。

部屋の写真はいろいろなところで掲載されていますが、シャワー室とか
の写真はあまりみかけないので、アップします。


扉(カード式)



カードキーです。



テレビとドライヤー。テレビの右横にクローゼットあり(ハンガー、靴べらなどが入ってます)。
テレビは通常の放送は入らず、ビデオ3本と音楽チャンネルが4つありました。
ビデオは日本、韓国、ハリウッドものの3本で、ずっと繰り返し放映されて
います。



シャワーは20分間分あります。使用するとタイマーが減っていく。
大人2人と子供1人で半分もつかいませんでした。
シャワーの水の勢いはかなり強いです。
なお、バスタオルとフェイスタオルがついています。




折りたたみ式手洗い場、トイレ。



手洗い場を出したところ。
蛇口からの水の勢いも強いです。



トイレを出したところ。









ラーメンが重箱に入っています。




目の前にはのれんが。
両隣の席とは顔が見えないようについたてがあります。
ラーメンの味に集中できるように、という方針のよう
です。
席に着いたら、スープの濃さ、麺の湯で具合、調味料の濃淡等を備え付けの用紙に記入して注文します。





座席が空いたら、電光掲示板に表示されます。
連席になるかどうかは運しだい。連席希望の場合には、ひとり客に
先に譲ることになります。




「オタク」には程遠いような女性客」というのはどんなもんなのでしょうかね。



Yahoo!ニュース – 産経新聞 – 「オタクです」





→『電車男』割引 藤沢の映画館 自己申告“殺到”で延長

わたしオタクです-。神奈川県藤沢市の映画館「フジサワ中央」(藤沢映画興行)は、上映中の映画「電車男」で、高校生以上の客が「オタク」と申告すれば料金が安くなる「オタク料金」を設定、反響を呼んでいる。 一般千七百円、大学・高校生千四百円に対し、「オタク」は千三百円。証明は要らず、窓口で「オタクです」と、自己申告するだけでOKだ。 インターネットや雑誌でも取り上げられて話題になり、来館者の半数以上が利用。「オタク」には程遠いような女性客も「オタク三枚」などと楽しんでいるという。 提案した同社営業管理部の新田浩二課長(40)は「内向的な『オタク』青年が勇気を出す映画なので、映画館に来た『オタク』な人たちにも声を上げてほしいと思い、半分しゃれで始めました」と話している。

 思わぬ反響で、同社は当初八月いっぱいだった上映期間を九月九日まで延ばす。

(産経新聞) – 8月29日2時46分更新